バイアグラの事を良く理解しましょう

バイアグラの効果効能

世界的に有名な「バイアグラ」は勃起不全(ED)の治療に効果があるとして、1998年1月にアメリカで勃起不全治療薬として初めて製品化され販売が開始されました。バイアグラの効果・効能として、人体には陰茎の勃起を抑える酵素が存在しており、その酵素が優勢な状態のままだと陰茎の勃起不全を引き起こす原因となります。バイアグラは、この酵素の働きを抑えることで陰茎の勃起の促進を促します。しかし、バイアグラは媚薬または精力剤などとは異なり、性的な興奮を増大させる効果はなく、あくまでも血流を良くすることで勃起を促進するためのものと覚えておく必要があります。また、バイアグラを服用する際の注意点としては、性行為をおこなう約1時間前に経口服用します。服用後は空腹時の場合は約30分程度で効果が見られるようになり、最低でも約5時間程度は効果が持続します。しかし、服用しただけで勃起が起こるわけではなく、性的な欲求があった状態で性的刺激を受けることで勃起が起こります。

バイアグラは、アメリカの製薬会社ファイザーが開発した薬です。しかし、元々はED(勃起不全)の改善薬として研究開発が進められていたわけではなく、狭心症を緩和するための薬として開発されていました。ED改善薬として注目されたのは、狭心症に効く薬かどうかを確認する臨床試験を行った際に、偶然男性器の勃起を促す効果が認められたためです。本来の目的であった狭心症への効果よりもED対策としての効果の方が認められたため、ED対策薬として販売されることになりました。「バイアグラ」とは呼ばれていますが、これは商品名です。有効成分として含まれているのはクエン酸シルデナフィルという物質になります。勃起のメカニズムは、男性器周辺の作動性神経から生み出される一酸化窒素によって海綿体に流れる血液量を増やし、勃起が促されるという仕組みになっています。この一酸化窒素を分解する5型ホスホジエステラーゼの働きにより勃起が収まるのですが、シルデナフィルはこのホスホジエステラーゼの働きを阻害します。よって一時的にアクセルだけ踏まれてブレーキが効かなくなる状態になり、普段勃たない人でも勃つようになるのです。バイアグラの効果はあくまで男性器の海綿体に流れる血液量を増やすだけのもの。あくまで勃ちやすくするための薬品なので、催淫剤のような効果はまったくません。精力剤とも違う事を知っておいた方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2014/02/23 00:00:23

ED治療薬で有名なバイアグラは、1999年3月に日本で販売が開始されましました。それからはEDで悩む多くの男性を支えてきました。この治療薬に含まれる有効成分は「シルデナフィル」というもので、これは元々、狭心症の治療薬として開発されていましました。しかし偶然、勃起不全の改善に効果があることが発見され、ED治療薬として用いられるようになったのです。では、いったいバイアグラには、どのような効果があるのでしょう。常に陰茎が勃起したままでは都合が悪いです。ですから、人間の体内には勃起を抑制する酵素というものがあるのです。しかし、この酵素が優勢な状態だと勃起不全になります。この治療薬に含まれる成分は、勃起抑制酵素の効果を妨げることで勃起を促進します。その際、性的興奮を脳が感じて陰茎に指令を出さないと勃起には至りません。薬を飲んでからずっと勃起した状態のままになることはありません。効果が現れて勝手に勃起する薬ではなく、性的欲求があった上で性的刺激がないと勃起はしないので、いざ勃起した時にそれを補助する薬、と理解しましょう。

続きを読む≫ 2014/02/22 23:59:22

インターネットなどの通信販売で市場に流通し、深刻な健康被害も報告されている偽造医薬品があります。特に、ED(性的不能)治療薬「バイアグラ」は真正品の倍の偽造品が流通しているとされ、偽造薬の“ターゲット”となっています。製造元の「ファイザー」の調べでは、日本では他国でみられない「バイアグラ・ゴールド」と呼ばれる金色の偽造薬も流通。この多くは中国で製造され、韓国人の「運び屋」ルートを通じ、なぜか大阪から日本国内に流通しています。ネット上には「すごい効果」と効能がうたわれていますが、その正体はかなり危ない薬のようです。真正品には、ブルーの錠剤しか存在しません。製造元の部長によると、バイアグラの偽造品は世界中で流通していますが、「ゴールド」が販売されているのはなぜか日本だけ。押収品の成分を調べてみると、本来の有効成分が真正品の4倍以上と、過剰に高いものがありました。過剰な有効成分は激しい頭痛や視覚障害などを引き起こす恐れもあります。現時点で健康被害などの報告はありませんが、偽薬には本来の有効成分と全く別のものが入っている場合も多く、どんな作用があるかわからないうえ、安全性の保証はありません。

続きを読む≫ 2014/02/22 23:58:22

バイアグラの作用は、血管の太さを引き締める働きのPDE-5という酵素をうまくいかないようにします。欠陥が縮まなくなったことで、男性器の中に通っている勃起に影響する血管の拡張が起こり流れ込む血流が多くなることによって、男性器の勃起状態につながるのです。効果が最高になるのが、飲用した後のだいたい1、2時間後とされています。このため、バイアグラを飲んでから1時間が、効果を感じられる性交に向いている時間です。「ED」という言葉は日本語では「勃起不全」のことですが、厳密な説明としては、「性欲が高くなっているのに性交可能な勃起及びその状態の持続ができないために、射精に至るまでのセックスをすることが不可能な症状」のことを指しています。ED(勃起不全)は正確な定義づけでは「陰茎の勃起はみられるが、硬さや大きさが不足しているため、挿入ができません。そうでなければ勃起してもすぐに元に戻って十分な性行為が不可能となっている状態」となっています。EDの治療薬であるバイアグラが常に注目されている存在である理由は、間違いなく他の会社で発表されているED治療薬と差があり、一日にたった一回服用するだけで効果が得られるということによるものです。

続きを読む≫ 2014/02/22 23:57:22

バイアグラは性的刺激に反応して起こる勃起機能をサポートするお薬です。初めて使用する方は「勝手に勃起してしまうのでは。」と心配されがちですが、性的刺激を受けなければ勃起することはありませんのでご安心下さい。1日1回の服用回数を守り、次に飲むときは必ず24時間以上あけてください。バイアグラの効果は内服後30分〜1時間程度で効き始め、その後約5時間程度持続します。ですので、性行為の約1時間前に服用しましょう。勃起自体は性的刺激に反応して起こります。ただし、バイアグラには性欲増進や性感染症の予防には効果はありません。よく「食事をした後に飲んでも効くの。」や「お酒と一緒に飲んでも大丈夫。」といった質問がありますが、食事の直後に飲むと効果が出るまでに時間がかかるので、食後は1時間以上あけてから服用しましょう。また、大量のアルコールとの併用は勃起力を弱めますのでお勧め出来ません。体が慣れてくれば少量のお酒ならバイアグラと併用しても問題ありません。バイアグラの副作用には個人差がありますが、約2〜3割程度の方に「顔のほてり」「目の充血」「鼻づまり」などが出る場合があります。これらの症状はバイアグラの血管拡張作用によるもので、お酒を飲んだ時に顔が熱くなり赤くなるのと同じようなものです。どれも一時的な症状ですのでご安心ください。

 

続きを読む≫ 2014/02/22 23:55:22